ご自宅やオフィス、アウトドアでも手軽にドリップを楽しめるALCBオリジナルドリップバッグの楽しみ方をご紹介!

Coffee2018.09.17

 

こんにちは! 厳しい暑さの続いた夏も終わり、心地よい風を感じる過ごしやすい季節になってきましたね。ALCBでは、今年の夏にオリジナルブレンドの「BFW」を使ったドリップバッグの販売をスタートしました。 手軽に楽しめる一杯分の1パックから、オフィスやギフト用としてご利用いただける、5パックや10パックのセットをご用意! さまざまなライフスタイルシーンに合わせてセレクトいただければうれしいです。

今回は、このドリップバッグをおいしく淹れるスタッフオススメのポイントをご紹介します!ぜひトライしてみてくださいね。

DSC_1141〜 ALCBのブレンドを手軽に楽しんでもらいたい、という想いから生まれたドリップバッグ 〜

淹れ方のポイントの前に、少しドリップバッグに使われているALCBのオリジナルブレンドの紹介をさせていただきますね!

バッグに使われているコーヒーは、昨年のALCB3周年を記念して誕生したALCBオリジナルブレンドの「BFW」。ONIBUSCOFFEE クオリティコントロールの安武と、ALCBマネージャー神戸が、毎年訪れているコーヒーの生産地、グアテマラとホンジュラスの2種類のシングルオリジン豆が使われているブレンドなんです。

二人が多くのコーヒーと関わることで感じてきたもの、見てきたことなど、スペシャルティコーヒーの深い魅力をぜひみなさまとシェアしていきたい、という想いのもとBFWは誕生しました。

BFWの特徴は、グアテマラやホンジュラスの特徴であるバランスのとれた甘味とボディ、そしてグリーンアップルやアプリコットを思わせる複雑な果実味です。日頃ご案内している、店舗のエスプレッソベースドリンクは、このブレンドがメインになっているんです。 エスプレッソはもちろん、ラテ、フィルターコーヒーなどすべての抽出方法でおいしくいただけるので、ご自身で挽いて淹れるための豆もございます。ぜひお気軽にスタッフにお声がけくださいね!

DSC_0358今回ご紹介するALCBのドリップバッグをきっかけに、スペシャルティコーヒーをより身近に楽しんでいただければとても嬉しいです。それでは、ALCBスタッフがみなさんにオススメする、ドリップバッグをより一層おいしく淹れるためのポイントを紹介していきますね!

0A3A0107〜 ホットでもアイスでもおいしく! 淹れ方を調整して、おいしく楽しむ方法 〜

ドリップバッグの裏には、ベーシックな淹れ方が紹介してありますが、ALCBスタイルでおいしく淹れるためのステップを、ホットとアイスそれぞれご紹介します。

■用意するもの

①ドリップバッグ

②ドリップケトル(ホットは200ml、アイスは100mlのお湯を用意します)

③スケール

④スプーン

⑤サーバー、またはカップ

 

■ホット編

0A3A0126STEP 1: ドリップバッグをセットしたら、50mlのお湯を注ぎ、スプーンでよく混ぜ、攪拌します。コーヒーから味をしっかりと抽出するためのポイントです。

0A3A0143STEP 2: 40秒ほどしっかりと蒸らしたら、残りのお湯(150ml)を3回から4回に分けて注いでいきます。

0A3A0147ここでは、すべて落とし切るまでに、3分以内にコーヒーが抽出できるよう調整するのがポイントになります。

 ■アイス編

STEP 1: サーバーまたは、カップの中に氷を用意します。そこにドリップバッグをセットしたら40mlのお湯を注ぎ、スプーンでよく攪拌します。ホット同様にコーヒーから味をしっかりと抽出するためのポイントです。

STEP 2: 残りのお湯を30mlずつ注いでいきます。

STEP 3: 最後の30mlを注いだあと、スプーンで数回混ぜて撹拌をします。

アイスでは、2分程度でコーヒーを抽出するよう調整するのがポイントになります。

 

〜 長期間の保存。それでもコーヒーのクオリティは変わらずに楽しめる秘密 〜

今回ご紹介しているドリップバッグは、豆の挽き目、窒素の充填、パッケージフィルムの3つにこだわっているんです。

1つ目は挽き目です。ドリップをする上でとても重要になってくる豆の挽き目には、ALCBで設定をしている挽き目に可能な限り近づけました。ドリップをはじめる前にバッグの中に入っている粉をぜひチェックしてみてくださいね。

L15200212つ目は窒素の充填。コーヒーの味の劣化を引き起こす原因となる酸化を防ぐため、窒素をパッキング工場で充填しています。ですので、裏面に記載されている「賞味期限」までしっかりとおいしくお楽しみいただけるんです。0A3A0112そして、3つ目のパッケージフィルム。ALCBらしいシンプルなパッケージフィルムは、光を遮断する効果があるんです。コーヒーのおいしさをキープするには、光から避けるのも重要なんです。豆を購入された時も、保存のポイントを思い出してくださいね。

ドリップバッグには、コーヒー豆だけではなく、パッケージにもこだわりを込めておりますので、ぜひ多くの方に試していただきたいプロダクトです! そして僕たちがみなさんに紹介してるスペシャルティコーヒーを手軽に、そして身近に楽しんでいただければうれしいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! それでは、本日も道玄坂でお待ちしております!

 ■1パック 200円(税込)ed-L1500056

 ■5パック 950円(税込)0A3A0307

■10パック 1800円(税込)DSC_0115

 

他にもぜひ読んでいただきたい記事:

ニュークロップの豆が入って、ALCBオリジナルブレンド「BFW」が再入荷!

ONIBUS COFFEEが仕入れている、エチオピアの豆の生産地ってどんなところ?