『New Beans Offer』Vol.1

Coffee2016.10.21

kagumoini

こんにちは、ABOUT LIFE COFFEE BREWERSです!

最近は朝、夜と少しずつ秋の寒さを感じる季節になりましたね。今はまだ緑に包まれている道玄坂沿いの木の葉も、もうすぐ黄色に染まっていきそうですね。

そんな季節が変わる時期にALCBでは、ONIBUS COFFEEのシングルオリジンを新しくメニューに加えましたので、ぜひともご紹介できればと思います!

『New Beans Offer』vol. 1

今回からALCBがみなさんに新入荷の豆情報をお届する『New Beans Offer』。vol.1でご紹介するのは、東京から約11,000kmも離れたケニア共和国のニエリ地方の農園から、ノルディックアプローチを介してONIBUS COFFEEが仕入れた豆です。農園のことをご紹介しますので、ぜひともお読みいただきながら、コーヒーをお楽しみください。

Kagumoini

Kagumoini – カグモイニ

ケニア共和国のニエリ(Nyeri)地区にあるKagumoiniコーヒーファクトリーは、SL28というコーヒーの品種をメインで育てている小規模農園が集まったKamachariaという農園組合に属しています。そこに所属している農家さんたちはとても積極的で、Good Agricultural という政府が管理するガイドラインのもと、安全でかつ自然環境に配慮しながら生産性を高めていっているんです。

このNyeri地区のコーヒーは、ケニアの中でもクオリティが高いと有名。農家さんたちはその高いクオリティをキープするために、コーヒーチェリー収穫後に行う精製工程にもしっかりと気を配っています。

味は、ケニアのコーヒーならではの柑橘系フルーツのようなジューシーさをはっきりと感じられる酸味と、蜜のような風味から出るしっかりとしたボディが特徴です。そしてその余韻が口の中で長く続きます。 

ALCBでは、これからも新入荷の豆を『New Beans Offer』シリーズとしてご紹介させていただきますので、楽しみにしていてください!